私が精神科にかかるまで

メンタルヘルス

どーも、ばしこです。
今回は自分の体験談をお話しようかと思います。

私は、3年ほど前に体調を崩して精神科を受診しました。
そこで ❝うつ病❞ と診断を受け、現在も通院治療を行っています。
そんな私が精神科にかかるまでに起きた体調の変化をお話しますね。

まず、睡眠が十分にとれなくなりました。
私の場合は、朝早く目が覚めてしまう(早朝覚醒)ことが多かったです。
そして、疲れも取れにくくなっていきました。
毎日2~3kgの荷物を背負って生活している感覚でした。

次に、食事の量が激減しました。
もともと3食きちんと食べるタイプだったのですが、
次第にお昼のお弁当が小さくなり、朝食は水分や汁物のみ…
体重も6㎏くらいスト―――ンと落ちました。

今度は、精神的にも不安定になってきます。
頭の中は仕事のことでいっぱい。不安だらけです。
だから、自分の好きなことをしていても楽しめないし、
楽しいという感情自体がどこかに行ってしまいました。
訳もなく涙が出てくることも増え、仕事中にトイレで泣く日もありました。

次第に、周囲から体調を伺われるようになってきました。
正直、しんどいな~とは思っていました。
でも、みんなこれくらいの状態で頑張ってるんだと思っていたので、
自分だけしんどいとも言えず、「大丈夫です」としか返事も出来なかったのです。

仕事に行くのが怖い、今日1日を乗り越えられるのか不安だ…
朝になるとそう思うことが増えていきました。
そして、仕事に行くことが出来なくなってしまったのです。

そんなこんなで、精神科を受診することになりました。
結果、うつ病の診断を受けて休職することになりました。
当初は3ヶ月の予定でしたが、
回復がゆっくりだったため休職延長を繰り返して1年ちょっと休職しました。

まだまだ書き足りないけど、
私が精神科を受診するまでのお話をしてみました。
これはあくまでも私の場合の話であって、体調の変化の現れ方は人それぞれです。
でも、共通して言えることは、早く異変に気付いて早めに対処すること。
難しいことだけど、これが本当に大切。

みんな、しんどかったら無理せず休もう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました