自己紹介 part②

メンタルヘルス

こんにちは。ばしこです。
今回は自己紹介第2弾ということで,
うつ病と診断を受けてからの私について
少しお話ししてみようかと思います。

2017年11月頃に初めて精神科を受診しました。
当時,医者から言われたことは
「うつが出ているね。」
ということで,うつ病という診断はついていない状態でした。
おそらく,当時はうつ状態だったのだと思います。

それから3ヶ月ほど,通院しましたが
2週間に1度の診察のたびに薬が変更になることや
診察内容から医者への不信感が大きくなり,
結局は自分の気持ちの問題なんだと思うようになりました。
その結果,勝手に通院も辞めてしまいました。

通院を辞めて以来,
特に体調に変化もなく過ごせていました。
仕事に対するストレスや不安感、恐怖心は変わらずにありましたが、
恐らく,通院のストレスが私にとっては大きかったのだと思います。

そして,数ヶ月後に転勤することが決まりました。
当時勤めていた所は
同業者なら誰もが認めるブラックな職場だったので,
この転勤は私にとって好機だと思いました。

しかし,転勤してからも
仕事に対する不安感や恐怖心は消えず、
仕事を休みがちになりました。

このままでは、
職場の人にも、担当させてもらっている方にも迷惑がかかる
そう思って、上司に退職の意向を示しました。
転勤前の自分の状態も話しました。
それら全てを踏まえた上で、これ以上ここでは働けないと。

結果、上司からはもう一度精神科を受診することを勧められました。
過去の記憶があるため、私は精神科に対して良い印象は抱いていませんでした。
そのため、上司からの勧めも拒否していました。
でも、このままでは話が進まないと思い、
渋々、精神科を受診しました。

そこで、はっきりと
「うつ病ですね」と言われました。
「ひとまず、今はゆっくり休みましょう。」
そう言われて、やっと気づきました。
自分が思っている以上に追い詰められいることに。

結局、当時の職場には戻れないまま
退職をしてしまいましたが、
あの時、精神科受診を勧めてくれた上司には感謝しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました